南北朝についての日記?

ノー南北朝、ノーライフ。南北朝を愛してやまないド素人の恥かきブログです。

Entries

北畠顕家卿のお墓にも! 大阪あそ歩 阿倍野ヶ原そぞろ歩き「能「松虫」の舞台をめぐりながら」

ひさびさ! 大阪のまち歩きツアー「大阪あそ歩(ぼ)」のご案内です
今回は顕家卿と能が好きな人にはたまらない企画!!

松虫の声りんりんりんとして夜の声冥々たり ~能「松虫」の舞台をめぐりながら~
大阪あそ歩


昔人の隠棲の場として、数々の物語・伝承に彩られた阿倍野ヶ原。小野小町、安倍晴明、北畠顕家といった歴史上の人物にまつわる旧跡も点在しています。
かつてのこの地の風景を思い描きながらのそぞろ歩きは如何でしょうか? 観世流能楽師の山中雅志師が謡曲のみどころと謡を披露します。

◆プログラムの行程
阪堺・松虫駅~松虫塚(能「松虫」)~安倍晴明神社(能「鉄輪」~阿倍王子神社(能「巻絹」)~北畠顕家墓(能「楠露」)~小町塚・播磨塚(能「卒都婆小町」)~山中能舞台(解散、最寄駅:地下鉄西田辺駅)
※各ポイントでは能楽師が解説と謡を披露します。

◆実施概要
・実施日時 11月18日(土)13:00
・参加費用 2000円(小学生以上)※当日お釣のないようにお持ちください。
・定員 15名
・解説 山中雅志(観世流能楽師)
・ガイド 山田重昭
・集合場所 阪堺電車上町線松虫駅
・所要時間 約3時間


定員になったら締切とのこと! 早い者勝ちですよ~。

南北朝とかかわりのあるのはほかに「播磨塚」ですね。
南北朝時代の住吉の合戦で、南朝の楠木正行との戦いに敗れた北朝軍の播磨の大守赤松円心の子貞範が、戦死した将兵の遺骨を納めて塚を築き、冥福を祈ったと伝えられています。」(大阪市阿倍野区:あべの歴史マップより)

また、行程の中の()内は、能楽師の山中雅志さんが謡を披露してくれる能の曲名ということだと思うのですが、顕家卿のお墓の「楠露(くすのつゆ)」は初めて知りました!!
調べてみたら、楠木正成・正行父子の桜井の別れを題材にした、明治の新作能らしいです。
以前、南北朝や太平記をテーマにした能についてをこのブログに書いたことがありましたが(こちら)、その時には出てこなかった能でした。まだまだあるんだな~。

リンク先、「当コースのまち歩きマップ」は今回のコースとちょっと違うようですが、個人的にはきゃー となって保存しました(笑) いつか歩いてみたいな!
(そして以前同じく大阪あそ歩さんの顕家卿ツアーをご紹介した時に北畠駅という駅があるのを知って興奮しましたが、今回は松虫駅があるのを知ってまたまた感激しました)

関連記事
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

カオリ丸

Author:カオリ丸
下総国の住人。
南北朝初心者で、足利尊氏が好きです。
メールアドレス↓
alovet1305★あっと★gmail.com
(「★あっと★」を「@」に置き換えてくださいね)

最新記事

QRコード

QR

右サイドメニュー

検索フォーム

最新コメント