南北朝についての日記?

ノー南北朝、ノーライフ。南北朝を愛してやまないド素人の恥かきブログです。

Entries

鎌倉歴史文化交流館「甦る永福寺―史跡永福寺跡整備記念―」展開催中!

鎌倉歴史文化交流館での企画展のお知らせです。


企画展「甦る永福寺―史跡永福寺跡整備記念―」
鎌倉歴史文化交流館


鎌倉歴史文化交流館「甦る永福寺」展1
鎌倉歴史文化交流館「甦る永福寺」展2

永福寺は、奥州合戦等で命を落とした源義経や藤原泰衡らをはじめとする諸霊を供養するため、源頼朝が建立した寺院です。壮大華麗な大寺院として隆盛しましたが、室町時代の火災以降は再建されず、のちに廃寺となってしまいました。

史跡永福寺跡の発掘調査は、昭和56年度に試掘調査を開始して以来、平成19年度まで長きにわたり実施してきました。その結果、それまで幻であった永福寺の姿が明らかとなりました。二階堂・阿弥陀堂・薬師堂が複廊で繋がり、翼廊・中門・釣殿といった寝殿造り風の建物と一体の建物群を構成していること、建物の前面には大きな池があり、橋が架けられていたこと、周囲の山にも人の手加わり、堀切や経塚がつくられていることなど、多くのことが解りました。

本展では、今年度に史跡永福寺跡の大規模な整備工事が終了したことを記念して、永福寺の出土品や関連資料を一堂に展覧し、現代に甦った永福寺の姿をご覧いただきます。

会期/2017年10月19日(木)-12月9日(土)
休館日/日曜・祝日



永福寺は、いわゆる「二階堂」ですね。
建武2年10月に鎌倉に入った足利尊氏が二階堂にて方違えをした、という記事を以前このブログに書いたことがあります。
尊氏だけではなく直義や千寿王時代の義詮も滞在したことがあったという。
(よろしければ過去記事「建武2年10月、尊氏、二階堂に方違えす その2」をどうぞ)

その永福寺です!!!

鎌倉歴史文化交流館では関連イベントとして「VR永福寺」が日時限定で行われています。
尊氏や直義・義詮が見ていた景色と同じものを体感できるかもしれない!?
(展示される遺物なども、見ていたものじゃないかな?

私が上記ブログ記事を書いたのが2015年でした。その時はまだ史跡整備作業は途中でしたが、完成したんですね~

そして鎌倉歴史文化交流館は今年5月にオープンした新しい施設なんですよね。偵察?がてら、行くのもいいですね

関連記事
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

カオリ丸

Author:カオリ丸
下総国の住人。
南北朝初心者で、足利尊氏が好きです。
メールアドレス↓
alovet1305★あっと★gmail.com
(「★あっと★」を「@」に置き換えてくださいね)

最新記事

QRコード

QR

右サイドメニュー

検索フォーム

最新コメント