南北朝についての日記?

ノー南北朝、ノーライフ。南北朝を愛してやまないド素人の恥かきブログです。

Entries

高知県立歴民館「今を生きる禅文化-伝播から維新を越えて-」展開催中!

高知県立歴民館で、すごい展覧会が開催中です!!


《白隠禅師250年遠諱記念 特別展》「今を生きる禅文化-伝播から維新を越えて-」
高知県立歴民館


高知県立歴民館「今を生きる禅文化-伝播から維新を越えて-」展
高知県立歴民館「今を生きる禅文化-伝播から維新を越えて-」展2
高知県立歴民館「今を生きる禅文化-伝播から維新を越えて-」展3

禅ゆかりの地、土佐に名宝勢ぞろい

インドで誕生した禅宗は、鎌倉時代に日本に伝播し、将軍家のみならず天皇家からも信頼を集めて発展していきます。
また、留学僧たちが中国から持ち帰った文化は、茶の湯や水墨画の成立に影響を与えました。

さらに江戸時代には、白隠慧鶴が生みだしたわかりやすい禅画によって民衆にもその教えが広がり、日本文化の形成に重要な役割を果たしました。

土佐からは、「五山文学の双璧」と称される義堂周信や絶海中津ら、禅宗の発展に貢献した高僧たちを輩出しています。

本展は、京都をはじめ県内外の禅宗寺院の珠玉の名宝約100点を集め、 臨済宗を中心とした禅宗の歴史を大観し、明治維新期の廃仏毀釈という苦難を越えてなお、現代に息づく禅文化を紹介します。

期間/2017年10月14日(土)~11月26日(日) 午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)[会期中無休]
前期:10月14日(土)~11月5日(日) 後期:11月6日(月)~11月26日(日)

南北朝に関する展示品/
・芦葉達磨図 固山一鞏賛 京都・玉蔵院蔵 後期
・明庵栄西像 絶海中津賛 京都・両足院蔵 前期
・十六羅漢図のうち第九、第十一、第十三、第十六尊者 良全筆 京都・建仁寺蔵 前期)第9・10尊 後期)第13・16尊者
・宗峰妙超像 自賛 元徳二年(一三三〇)京都・妙心寺蔵 後期
・花園天皇像 後花園上皇賛 京都・妙心寺蔵 前期
・花園天皇宸翰置文 貞和三年(一三四七)京都・妙心寺蔵 前期・後期
・夢窓疎石像 自賛 無等周位筆 京都・妙智院蔵 前期
・夢窓疎石像 自賛 暦応三年(一三四〇)京都 天龍寺蔵 11/12-26
・春屋妙葩像 自賛 京都・鹿苑寺蔵
・春屋妙葩像 自賛 京都・鹿王院蔵 前期
・春屋妙葩墨蹟 遺偈 嘉慶二年(一三八八)京都・鹿王院蔵 後期
・足利義満像 足利義持賛 土佐行広筆 応永十五年(一四〇八)京都・鹿苑寺蔵 前期
・足利義満像 伝飛鳥井雅縁賛 京都・鹿苑寺蔵 後期
・喫茶養生記断簡 京都・建仁寺蔵 後期
・石茶臼 貞和五年(一三四九)銘 高知市・吸江寺蔵
・達磨図伝 義堂周信筆 春屋妙葩賛 京都・鹿苑寺蔵
・義堂周信墨蹟 京都・大光明寺蔵
・九条袈裟 夢窓疎石料 絶海中津相伝 高知市・吸江寺蔵 後期
・吸江寺文書 高知市・吸江寺蔵


(鎌倉・室町のものも独断で含めました。見落としもあるかもしれず、必ず出品リスト(PDF)でお確かめくださいね)


こんなにいっぱい~~~!!! しかも有名なものが多い!! 興奮しました

また、「第1章 禅の誕生から日本における受容まで」「第2章 維新を越えて」「第3章 土佐が生んだ高僧」「第4章 土佐に伝わる寺宝」の4章仕立てになっていて、とてもわかりやすい展示構成に思えます。

高知県内では禅をテーマにした特別展としては初めてとのこと。規模も大きく力入ってる感じですね。行きたい!!
楽しそうな関連イベントもたくさん催されています。私は袈裟を着てみたいな~

関連記事
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

カオリ丸

Author:カオリ丸
下総国の住人。
南北朝初心者で、足利尊氏が好きです。
メールアドレス↓
alovet1305★あっと★gmail.com
(「★あっと★」を「@」に置き換えてくださいね)

最新記事

QRコード

QR

右サイドメニュー

検索フォーム

最新コメント