南北朝についての日記?

ノー南北朝、ノーライフ。南北朝を愛してやまないド素人の恥かきブログです。

Entries

懐良親王・良成親王お手植えの藤が咲いています

征西将軍宮懐良親王、そしてその跡を継いだ後征西将軍宮良成親王。
不思議なことに、別の時期に別の場所で、この二人は藤を手ずから植えています。

懐良親王は現・福岡県小郡市の大中臣神社、良成親王は同じく福岡県の八女市にある素盞嗚神社に…。

今年もその二つの神社で藤まつりが開催されます(大中臣神社では開催中!)


大中臣神社 将軍藤まつり

大中臣神社 将軍藤(九州旅ネット)
なんと幹は1本で根元周囲3メートル、枝の広がりは500㎡にも及びます!
(画像は九州旅ネットよりお借りしました)

和様唐様の楼門で有名な大中臣神社の境内に咲く藤は、樹齢が650年と推定されていて、1970年に福岡県の天然記念物に指定されました。

1359(正平14)年に大保原合戦で負傷した征西将軍懐良親王が、大中臣神社の加護で全快し、藤の木を奉納したのが「将軍藤」と伝えられています。

広さ500平方mの棚から垂れ下がる濃い紫色の花は、長いものは1.5mにもなり、豪華けんらん。毎年、多くの花見客を集めています。

☆藤まつり期間:平成30年4月14日(土)~5月5日(土)午前中まで

☆場所:大中臣神社 (小郡市福童555)

☆アクセス:西日本鉄道「端間」駅より徒歩約5分・筑後小郡インターより車で約15分・鳥栖インターより車で10分

☆駐車場:祭り期間中は大中臣神社隣の福童公園(福童566-1)を開放。
 ※マイクロバスまで可。


(詳しくは「小郡市観光協会 4月 大中臣神社 将軍藤まつり(福童将軍藤保存会主催)」をご覧ください)

*現在ちょうど見ごろだそうです!



黒木大藤まつり

黒木大藤(黒木町観光協会
藤棚面積は約3,000㎡(東西約50m/南北約80m)!

平成30年度 八女黒木大藤まつり開催!!

1395年、後征西将軍良成親王のお手植えと伝えられる黒木大藤は、これまでの歴史の中で幾多の戦いと大火をくぐり抜けこれまで樹齢約620年を保ってきました。

いまでも力強く、また、華麗に、そしてたくましく生き続ける長寿の大藤として全国に名が知れるようになり、国の天然記念物に指定されています。

毎年約20万人の来訪があり多くの方が気品に満ちた花と香りを楽しまれています。

☆期間:2018年4月21日(土)~5月6日(日) 

☆会場:素盞嗚神社境内

☆住所:福岡県八女市黒木町黒木5-2


(詳しくは「黒木町観光協会 平成30年度八女黒木大藤まつり」をご覧ください。
また、こちら↓のサイトがめちゃくちゃ詳細・親切に書かれています

メディガク「八女黒木大藤まつり2018の駐車場と混雑は?ライトアップと口コミも!」



小郡の将軍藤も、八女の黒木大藤も、去年行って見てきました
(過去記事「九州南北朝の旅☆2日目 大保原古戦場&高良山・大宰府 その1」「九州南北朝の旅☆3日目 九州南朝最後の拠点・八女を訪ねて その1
両方の記事とも下ーの方にあります 笑)

どちらも本当~~~! に素晴らしかったです
藤の美しさもさることながら、その奥にある歴史……懐良親王と良成親王に思いをはせると、やはり美しいだけの花には見えません。
なので思い返すと自然と目がうるんできてしまいますね。

(また、出会った方々の優しさにも…。そのあたりのことは、上記過去記事を読んでいただけたらと思います。
九州の人は、本当に心が広く、優しいです!!)


まだ行かれたことのない方に、心からお勧めいたします。

関連記事
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

カオリ丸

Author:カオリ丸
下総国の住人。
南北朝初心者で、足利尊氏が好きです。
メールアドレス↓
alovet1305★あっと★gmail.com
(「★あっと★」を「@」に置き換えてくださいね)

最新記事

QRコード

QR

右サイドメニュー

検索フォーム

最新コメント