南北朝についての日記?

ノー南北朝、ノーライフ。南北朝を愛してやまないド素人の恥かきブログです。

Entries

二条為冬が祀られた佐野原神社の公式ホームページ

鎌倉末期~南北朝時代の歌人・二条為冬。
建武2年(1335年)、足利尊氏追討のため尊良親王を上将軍とする軍に従軍し東下、箱根・竹ノ下の戦いで戦死したということは、南北朝ファンの皆さまならご存知のことと思います。

以前、箱根・竹ノ下の戦いを調べて不十分ながらブログにまとめましたが、その際に二条為冬を祀る神社が複数あるのに気付き、それについても記事を書きました。(過去記事→「箱根・竹ノ下の戦い」「二条為冬を祀る神社」)

そのうちの佐野原神社のホームページが開設されましたので、ここにご紹介いたします。
(佐野原神社の社務所の方からお知らせ頂きました。どうもありがとうございます!)

学問と文芸の神、佐野原神社
http://www.sanohara.jp/index.html


見ていただければわかりますが、凄いサイトです!!!
為冬ファンの方のみならず、為冬や箱根・竹ノ下の戦いに興味のある方には絶対に見ていただきたい!!
為冬について、いま一番詳しく載っているサイトだと思われます。

箱根・竹ノ下の合戦ではとくに「裾野十三塚について」(左にあるバナー)は必見
以前の記事にも書きましたが、将軍塚(為冬のお墓)を含めた13の墳墓があったというのですが、調べた当時その情報は見当たらず、塚の行く末がどうなったのかずっと気になっていたんです…!
11のお墓がちゃんとお祀りされていて感動しました(涙)
残り二つの塚がなんとか発見されることを願います。


佐野原神社の場所。
御殿場線裾野駅のすぐそばですね(以前書いた記事では、地図に線路の逆側に印をつけてしまっていました…

毎年10月には宝物展が開催されるそうで、運が良ければ為冬真筆の書が見れるかもしれません
なので宝物展のときに行こうと思っています。そして為冬の後ろ姿が描かれているオリジナルの絵馬を買って帰るつもり



南北朝時代、数々の公家大将が戦のさなかに歿していますが、為冬はその中で最も早く戦死した人じゃないかと思います。
また、尊氏にとっては鎌倉幕府滅亡以来、初めて自身との戦いで亡くした知己の人だったかもしれない。
そういった意味でも、私の中では二条為冬という人は心に残る人でした。

いつかかならず、佐野原神社だけじゃなく箱根・竹ノ下の戦いの跡地をめぐってみたいです。

関連記事
スポンサーサイト

*Comment

佐野原神社ホームページ 

佐野原神社のホームページを紹介していただきありがとうございます。
佐野原神社も皆様に知っていただきたいとホームページを作成しました。社務所は毎日は開いていませんが、佐野原神社に参拝にされた際は、是非お声をかけてください。佐野原神社社務所
  • posted by 佐野原神社社務所 
  • URL 
  • 2018.01/27 13:21分 
  • [Edit]

Re: 佐野原神社ホームページ 

こちらこそどうもありがとうございました!
伺いましたらどうぞよろしくお願いいたします。
社務所日記も楽しみにしています♪
歴史探訪ウォーキングなんてあるんですね。近かったら参加したかったです。

コメントありがとうございました!
  • posted by カオリ丸 
  • URL 
  • 2018.01/27 17:35分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

カオリ丸

Author:カオリ丸
下総国の住人。
南北朝初心者で、足利尊氏が好きです。
メールアドレス↓
alovet1305★あっと★gmail.com
(「★あっと★」を「@」に置き換えてくださいね)

最新記事

QRコード

QR

右サイドメニュー

検索フォーム

最新コメント