FC2ブログ

南北朝についての日記?

ノー南北朝、ノーライフ。南北朝を愛してやまないド素人の恥かきブログです。

Entries

「武蔵武士とその本拠」シンポジウムと企画展開催

現在の埼玉県を中心とした地域は中世、武蔵武士が活躍していた地域。この地域が連携して「武蔵の中世文化財活用プロジェクト実行委員会」という事業が今年度発足しています。
以前お伝えした熊谷氏の講演会の情報もこのプロジェクトでの活動でした。

今日はシンポジウムと企画展のお知らせです


シンポジウム「武蔵武士とその本拠」

武蔵武士再発見1
武蔵武士再発見2

【日時】平成30年1月27日(土)~28日(日)(全2日)

【内容】平安時代末から鎌倉時代にかけての時期における武蔵武士の本拠について、考古学、文献史学による最近の成果をもとに検討を行います。

1月27日(土) 
 基調講演 高橋一樹 氏(武蔵大学人文学部教授)
 「中世前期の東国武士とその本拠」
 報告1 渡邊浩貴 氏「北武蔵の武士本拠と湧水開発」

1月28日(日)
 報告2 池谷初恵 氏「北条氏の伊豆国の本拠について」
 報告3 深澤靖幸 氏「考古学から見た武蔵国府と周辺武士」
 討論  基調講演者・報告者4名
  コーディネーター 落合義明 氏(山形大学地域教育文化学部准教授)、水口由紀子 氏(埼玉県立歴史と民俗の博物館)

【定員】 500人(受講希望者が定員を超え場合は抽選となります。先着順ではありません。)

【会場】 国立女性教育会館 研修棟内の講堂(嵐山町大字菅谷728) 
 東武東上線 武蔵嵐山駅下車徒歩15分 嵐山史跡の博物館隣り

【費用】無料(今年度は文化庁による支援事業のため)

【申込方法】申し込み受付開始は、12月1日(金)から
62円往復はがきに、必要事項[①「シンポジウム受講希望」、②氏名、③住所、④電話番号]を明記の上、12月1日(金)から1月9日(火)当館必着になるよう、投函してください。
はがき1枚につき、2名までの申込みが可能ですが、その場合には、2名分の必要事項を必ず記入して下さい。また、返信はがきにも、郵便番号・住所・氏名を記入ください。
なお、同一の方が、何通もお申し込みされた場合は、1通のみ有効な申込みとさせていただきます。


(詳しくはリンク先をご覧ください)


企画展「武蔵武士とその本拠」

埼玉県立嵐山史跡の博物館「武蔵武士とその本拠」展

【開催趣旨】
今回の企画展は、平安時代末期の源平合戦から鎌倉幕府の滅亡までの時期における、武蔵国出身の武士の実態を紹介するものです。畠山重忠をとおして武蔵武士の活躍の一端を、屏風絵などから当時の合戦は騎乗兵による弓合戦が主軸であったことを明らかにします。また、武士の拠点であった館跡の出土品や遺構から当時の武士の生活を、経塚出土品や武蔵型板碑をとおして武士の信仰を検証します。

【展示構成】
1 武蔵武士の活躍
 (1)武士の鑑・畠山重忠 (2)源平合戦・奥州合戦における活躍
 コラム 武芸鍛錬《騎射三物:流鏑馬・笠懸・犬追物》
 (3)武蔵武士の系譜 (4)六条八幡宮造営注文にみる武蔵武士

2 武蔵武士の本拠
 コラム 武士の館の構造
 (1)中条氏関連遺跡群 (2)下田町遺跡 (3)安保氏館跡 (4)手づくねかわらけと武士の本拠

3 出土資料からみた中世の供養
 (1)平沢寺経塚 (2)中山白山神社経塚 (3)宮戸薬師堂山経塚
 (4)金剛院宝篋印塔(大串次郎墓)

4 武蔵武士ゆかりの板碑
 (1)丹党加治氏の板碑 (2)児玉党浅羽氏・小代氏の板碑
 (3)藤原氏、その他の板碑

【会期】平成29年12月2日(土)~平成30年2月18日(日)

【会場】埼玉県立嵐山史跡の博物館


(詳しくはリンク先をご覧ください)


冒頭に書いた企画展関連講演会「中世武士の本拠と本領 ―武蔵熊谷氏を中心に―」もまだ申し込み受付中ですよ!
詳細は当ブログ過去記事嵐山史跡の博物館該当ページをご覧くださいね。

関連記事
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

カオリ丸

Author:カオリ丸
下総国の住人。
南北朝初心者で、足利尊氏が好きです。
メールアドレス↓
alovet1305★あっと★gmail.com
(「★あっと★」を「@」に置き換えてくださいね)

最新記事

QRコード

QR

右サイドメニュー

検索フォーム

最新コメント